×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ipod活用ガイド

iPodの種類についてをはじめipod nanoの種類やiPodとアートワークなどipodに関する情報を紹介しています

iPodの種類について

iPodとアートワークについて

iPodはネットカフェなどを利用して音楽を取り込むというのも、難しくなっています。必要とされるパソコンの環境ですが、windowsでしたらWindows XP SP2またはWindows 2000 SP4、MacでしたらMac OSX(v10.1.5以降)のOSが動作するものが必要となります。残念ながら、それ以前のOSについては、ipodは対応しません。

ipodの30Gをベースに、オールブラックの機体となったiPod U2 Special Edition(30GB、ブラック) やiPod nano (PRODUCT) RED Special Edition など、限定バージョンと呼ばれるものも販売されていますが、基本的な性能や価格については、同じモデルのものと同様となっているようです。最も容量の大きいipodの価格は、30Gで定価が29,800円、80Gで42,800円となっています。ipod miniの後継機として販売され、Mac OS XやWindowsの両方で利用でき、iPod shuffleやiPodの特徴を兼ね備えたipod nanoは2Gで17,800円、4Gが23,800円、8Gが29,800円となっています。

一度iPodをPCから取り外し、再度接続してから、上記でチェックを外した「アートワークを表示する」チェックボックスをONにすることで、表示されるようになります。手軽な方法で、アートワークを楽しむことができますが、ipodの容量には限りがありますので、あまり大きな画像ファイルを取り込み過ぎないよう、注意必要ですね。

[PR]ドリフト 動画ジャパンカップ仕事高収入ビバユースマッキーグラムイラストレーター アルバイトイラスト 仕事ルナソル宝塚記念楽 仕事図書館 仕事花 仕事口臭 舌 doda 評判仕事を辞めたいアジエンスクレージュ